僧帽筋

僧帽筋

起始

上部: 後頭骨と項靱帯

中部:第7頸椎と第1~第3胸椎の棘突起

下部:第4~第12胸椎の棘突起

停止

上部:鎖骨の外側1/2

中部:肩峰と肩甲棘

下部:肩甲棘内側1/3

機能

上部:肩甲骨の挙上

中部:肩甲骨の挙上、内転、上方回旋

下部:肩甲骨の下制、内転、上方回旋

 

両側の収縮・・  頸椎の伸展  頸椎前彎の増強

この伸展力が頸の前部筋の拮抗作用と釣り合った場合、僧帽筋は前頸椎を固定させる緊張帯として作用す

 

一側の収縮・・・  同側の側屈

  反対側の回旋

  頸椎前彎の増強

同側の胸鎖乳突筋の協同筋である

触診

ID触診法 上部僧帽筋  中部僧帽筋  下部僧帽筋
頚から第12胸椎にかけての脊柱から肩甲骨に及ぶ範囲で触れることが出来る

神経支配

 副神経、頸椎神経(C3・4)
これらは大孔を通って上昇し,頚静脈孔から頭蓋の外に出る.この神経は,脊髄神経(C3,C4)からの感覚(固有感覚)神経線維とともに僧帽筋の下にある神経叢につながっている.

血管支配

頸横動脈、肩甲上動脈、後肋間動脈、深頸動脈、後頭動脈

筋力テスト筋力強化

上部と下部:肩すくめ動作

中部と下部:ベント・オーバー・サイド・レイズ

膝を軽く曲げ、両脚を肩幅に開く

上体と床が平行になるように前に倒す。背中はまっすぐ

腕を垂らしてダンベルを持ち、そこから肩の高さまで真横にゆっくりとダンベルを持ち上げる

ストレッチ

上部:

ストレッチする側と同じ側の手をテーブルの下に引っかけ肩甲骨を下制

反対側の手で頭と首を屈曲または若干側屈させる

中部:

上部の要領でもある程度ストレッチされる

パートナーに完全外転位で引っ張ってもらう

下部:

側臥位で術者が肩甲骨の外側縁と下角を持ち、他動的に最大挙上や外転位に持っていくことでストレッチできる

筋連結:

胸鎖乳突筋、肩甲挙筋、三角筋、広背筋

大菱形筋、小菱形筋、上後鋸筋、下後鋸筋、脊柱起立筋、頭板状筋

 

●体幹の臍部から上を支える抗重力筋である

●僧帽筋が減弱してくると菱形筋などの深部筋の負担が増し、頸・肩・腕などに障害を起こしやすい

 特に加齢により自然にその厚みを減じ、体力の衰えを加速することになる

●鎖骨・肩甲骨と肋骨間のスペース確保を助けているため、僧帽筋に過剰な緊張が生じると血管・リンパ管が圧迫されて肩背部に凝り、痛みを誘発する。

 特に窮屈な服・ブラジャーに留意する必要がある

●肩がパンパンに張り、頭・頸の側屈・回旋に可動域制限が生じるのは上部僧帽筋の収縮時障害

●胸椎の後彎を減少させて平背をもたらすのは下部僧帽筋の収縮時障害

●猫背は小胸筋との拮抗を失った中・下部僧帽筋の伸展障害

上部線維は肩甲挙筋とともに作用して肩甲骨と肩の先端を挙上させる
肩甲挙筋と同じように肩をすぼめるといった形を取り続けいている人は拘縮を起こしやすい

●前鋸筋とともに作用すると,僧帽筋は肩甲骨を前方に回旋し,それによって腕を頭上に上げる.

●両側性に作用するときは,肩が固定されていれば,上部維維は頭・頚部を伸展させる.

●中部線維は肩甲骨を外転させ,後方に引く(正中線の方に向けて動かす).
また,肩関節窩の上方への回旋を補助し、とくに可動域の末端近べで腕を外転させる.

●僧帽筋の下部線維は,肩甲骨の内側縁を下降させることによって,肩甲骨を後ろに引いて肩関節窩を上方に回旋させる.
この線維は腕の屈曲と外転も補助している.

肩甲骨の内転(後ろで両側の肩甲骨をひっつけていく動き)を主に行うので、手が前方に固定されて、作業を行う人は菱形筋とともにこの筋肉が緊張してくると思われる

●思い荷物を持つときなどは固定する役目をしますが、

下方に引っ張られるために緊張する傾向がある