五十肩

   五十肩とは・・・

五十肩・四十肩は特定の病名ではありません。
肩が動かない、挙がらないといったすべてのものを差す言葉です。

正式名称は
「肩関節周囲炎」

何らかの原因で肩の周辺に炎症があり痛みがあるとすべて50肩と言われます。

なので四十代、五十代で肩が痛いというとよくこの言葉で片付けられている方が多く見られます。

いきなり強い痛みが発生して 次にその痛みが慢性して
腕が上がらなくなったりします。
その後1年ぐらいで痛みはなくなり、何事もなかったように治っていることも多いです。

原因として考えられるのは
肩周囲の筋肉の疲労が積み重なって限界を超えた時に痛みとなって現れると考えられます。

肩が上がらない、腕が痛いと「五十肩」の症状はすべて猫背が強く肩が前方に丸まっている姿勢の方です。
逆に肩がこっていても肩が前方に丸まっていない方はリスクが少ないです。

   肩に負担がかかる姿勢

肩関節の構造

腕は胴体の腕部分から「ぶら下がっている状態」です。※
重力によって引っ張られている状態です。
この腕を支えているが肩まわりの靭帯と筋肉なんです。 この時点ですでに筋肉には負担がかかっていることがわかりますね。

shoulder01 shoulder02

色のついた線がすべて筋肉です。
これらの筋肉がバランスを取って肩関節を支えています。

肩関節が良い位置にある場合は、すべての筋肉は均等に働いていると思ってください。

ところが猫背になり肩が前方に丸くなってくると、後方の筋肉が引っ張られて緊張してきますね。
腕の骨も関節の真ん中に位置しなくなるので関節部自体の負担も大きくなります。
肩を支えるための周りの筋肉がより大きな負担がかかることになります。

左が正常な図で右が首が前に出て猫背になっている図です。
肩甲骨は回転して腕の骨が下に落ちているのがわかります。
ピンク色は腕の骨を支えている筋肉。

腕の骨が下がることで筋肉が引っぱられていますね。

この状態が長く続くことで肩・腕周りの筋肉は疲労が重なり
ついには腕が上がらないほどのダメージとなって現れます。

※ぶら下がってる関節は肩関節と顎関節になります。残りは下からの支えがありますが、この2つの関節は重力に常に耐えている関節です
   カイロプラクティックと五十肩

場所の特定と状態を把握して靭帯・筋肉を調整 肩関節を正常な位置にもどしていきます。
戻した状態でないと、
筋肉を緩めても、腕を回す運動をしてみても、筋トレをして筋肉をつけてみても
なかなか良い状態には戻ってきてくれません。
やはり
上記で書いた肩甲骨と肩関節をきちんとした状態に戻すことが大切になってきます。

そのうえで負担がかかっていた筋肉や靭帯に深部マニピレーションを加え、
痛みの軽減と早期回復を目指していきます。

   五十肩の予防

五十肩にならないことが一番いいですよね。
上記の事でわかるように
肩関節の位置関係を正しくしておくことが一番の予防となります。
10年近くやっていますが、五十肩で来られる方はほとんど猫背のきつい方が多いです。
まずは肩の位置をきちんと調整することが五十肩を起こさない予防策となりますよ。

予防策

  1. 姿勢を良くして猫背・肩の丸まりをなくす
  2. たまに腕を回すなどの運動を行い関節の可動域を確保する
  3. 腕をよく使うなら、周辺の筋肉のケアはしっかりと行う
  4. 特に力仕事、スポーツなどでよく腕を使う方は上記の事を注意しないと五十肩リスクは高まる
  5. 筋力をつけて予防しようとすると肩の筋肉がモリモリまで鍛えないといけないのであまりお勧めはしない

以上で
絶対に五十肩への進行は防ぐことができます。
決して原因不明の痛みではありません。

もし痛みがでてきた。違和感がある場合はすぐにご連絡ください。
五十肩へ移行する前ならとりあえず止めることができる可能性があります。
止めることができたなら上記の事を行い、予防を行っていきます。