肩が挙がった姿勢

先日来られた肩の症例

 右肩が上がり肩がこっている

右肩挙がり 姿勢前回の施術ではこれほど右肩が上がっていなかったんですが、
今回はこういった姿勢が確認されました。
お話を聞いているとパソコンの作業が多かったそうです。

どうなっているのか少し検証してみましょう

 

 

 

 

 

左肩甲骨上方

この時の肩甲骨の状態は
上に挙がって 肩甲骨の下側が外側に広がっています。

 

 

souboukin

 

筋肉をつけてみます。
赤い大きな肩と首の筋肉 僧帽筋です。

肩がこる、肩が痛くなる代表的な筋肉です。
この僧帽筋が緊張して肩がこり体を歪ませています

 

では、何故このようになったのでしょうか?

よくある例

肩上がり 悪い姿勢

パソコン作業をする時に机と椅子の高さがあっていない
猫背になると
肘が上がり結果肩が挙がっていくことになります。
特にマウスを持つ右手はこの傾向が強いですが、猫背の場合は両肩が挙がってしまうことも多いです。

この肩が挙がった状態が長く続くと 僧帽筋は緊張して短縮し、硬くなってきます。
この状態が固定化したものが「コリ」と呼ばれるものです。

TC Body Care Spaceのアプローチ

緊張した筋肉を緩めることから始めます。
肩甲骨や首、背中の関節で動きの少なくなっている所、動きが悪くなっているところを動かし
元に戻りやすくしていきます。
そしてもう一度筋肉・関節を緩め、正常な位置に戻します。
長年の緊張、歪みであれば、しっかり緩めてきちんとした背骨、肩甲骨の位置に戻るまで繰り返し

症状の悪化と進行を止めていきます
そのためにも姿勢、環境ともに見直す事が大切だと思っています。

それだけ重要な要素になっているのは間違いありません。
背の低い方、高い方、会社の備品でなかなか動かす事ができない事も多いと思いますが、
色々な方法を工夫して高さをきっちりしていただきたいと思っています。