頭痛 (肩こりからの頭痛)

筋肉の緊張からの頭痛

  僧帽筋の緊張

赤く囲っているのが僧帽筋という筋肉です。
肩こりの時に痛みが出やすい筋肉なんですが、
上のほうの赤い丸で囲っている部分が後頭骨にくっついているのがわかりますか?

筋肉が緊張すると硬くなりギューッと縮んできます。

後頭骨にひっついている所が引っぱられると
そこで痛みが起こり頭の後ろの方が痛くなります。

それに伴い、今度は頭の筋肉が引っぱられ
側頭部や頭頂部の痛みまで広がる可能性があるのです。

  対処法

肩がこってきて頭が痛くなってきた!
という時は
とりあえず首の付け根から絵で赤丸で囲った後頭骨の部分をマッサージしてみて下さい。
指の腹で下から上に当てて軽くさすってみるとよいでしょう。

それだけでも改善する可能性がありますので一度試してみて下さいね。

姿勢が悪く首が前に出ている。
下を向く(スマホや携帯)姿勢を長時間続けるなどでも
後頭骨の緊張が起こります。
たまに上を向くなどして緊張を取り除いてあげて下さい。

 カイロプラクティックでは

僧帽筋の緊張を取り
後頭骨が引っ張られている張力を取り除きます。

その上で後頭骨の緊張を取りのぞきます
頭痛がおこると頸椎の1番と2番の歪みが出ている方も多いのでそちらを確認して
歪みを取り除いていきます。

姿勢を確認して背中が丸くなっていると肩がこりやすくなるので
姿勢の歪み確認して、正しい位置にもどしていきます。
その時に首の前後のバランス、肩の丸まりなどもチェックして筋肉のバランスを取っていきます。

僧帽筋の緊張が取れてくると後頭骨へのストレスが徐々に減っていき
頭痛は起こりにくくなっていきます。