後弯-後弯姿勢 (弛緩姿勢)

猫背 たれ尻姿勢型

猫背 弛緩姿勢 猫背 後傾 たれ尻

骨盤が前に突き出していて後ろに反ったような姿勢になります。
そのために背骨は長く大きく曲がることになり猫背が大きいねと指摘されることも多くなるでしょう
首も前につきだしたような姿勢になるので肩こりや腰痛も大きくなります

 

姿勢 猫背 後傾 骨 姿勢 猫背 後弯

メモ

★頚部前方位  ★頚椎軽度伸展

★上部体幹の後方変位を伴う長い胸椎後弯

★腰椎平坦   ★骨盤中間位~後傾位(前傾位の場合もある)

★骨盤前方変位を伴う股関節過伸展

★膝関節過伸展

★足関節中間位

 

筋肉の状態と起こりやすい症状

姿勢 猫背 後弯 筋

 起こしやすい症状

肩こり

頸椎の関節の負荷

手のしびれやだるさ(胸郭出口症候群)

頭痛

背中の痛み

股関節の痛み

臀部およびそけい部の痛み

足の痛みやだるさ(ふくらはぎのだるさなど)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

短くなっている筋肉 緊張している筋肉

ふとももの後ろの筋肉 (ハムストリングス)

おなかの筋肉   (内腹斜筋)

伸びている筋肉 (弱っている筋肉)

股関節を曲げる筋肉 (股関節屈筋群)

外腹斜筋

背中の上部筋  (上背部筋群)

首を前に曲げる筋肉  (頸部屈筋群)

ふとももの前の筋肉 (大腿直筋)

原因

長時間のたちっぱなしの仕事

前かがみの間違ったPCの作業姿勢など

筋力の疲労と低下

意識の低下

 

骨盤後傾 矯正エクササイズ

ステップ1 骨盤と腰を安定させる

ステップ2 簡単エクササイズ   頚部前方・胸椎後弯エクササイズ

                側弯矯正エクササイズ

ステップ3 運動と筋トレ・ストレッチング エクササイズ

ステップ4 中度 運動・筋トレ・ストレッチ エクササイズ

ステップ5 無意識での正しい姿勢保持と脱力姿勢

・・・ルームトップ・・・