肩が丸くなった時の肩甲骨の状態

背中が丸くなって(猫背)になると

首が前に付きだしたり、肩が中に入ってしまうことになります。

今回は肩甲骨の状態を説明していきます

姿勢 頭部前方

 

正常な肩甲骨の位置です
上側から見ている状態ですよ。

正常肩甲骨

そして次に肩が丸く前に出てしまっている状態

巻き肩

肩甲骨は鎖骨を視点として肋骨の上をスライドしてきます
前に出ながら真ん中に集まってくる感じで、
鎖骨の下や胸の上がわが詰まってくる感じがします。

肩甲骨の後方は筋肉が引っ張られて痛みを感じるようになります。

痛みを取っていくために、この肩甲骨の位置を上の図のような
ニュートラルな状態に戻していくことが必要になってきます。
ですが、肩甲骨の動きの中で後方と前方の状態は変わってくるので
前側と後側へのアプローチの仕方が変わってくるのです。

場所、状態に合わせて色々な方法を変え、
ニュートラルな状態に戻していくことが
良い姿勢
痛みのない状態
健康な体づくり
と作る上で大切なことになります。

マッサージを行う場所、伸ばす箇所、筋トレをする場所は人それぞれ違います。
一向に症状が改善されないのは正しい方法が取られていないからからもしれませんね。