良い姿勢を取り戻す考え方

猫背で首が前に突き出した姿勢を示した図になります。

姿勢 頭部前方

この姿勢だと
  ☆肩こり
  ☆首痛
  ☆頭痛
  ☆腰痛
などなど代表的なものはすべて痛くなりそうな感じがしますね

 

010-2

肩は首は図の背中側のように


筋肉が伸ばされている状態です。

このままの
悪い姿勢のままだと筋肉は伸ばされて続けて最終的に限界を超えた所で痛みを発生します。

通常であれば痛みは
背中の後ろ側によく出るので、背中や肩、首や腰を一生懸命揉んだり、ストレッチしたりしますが、結局この姿勢のままだとすぐに筋肉は疲れが溜まってしまいます
     じゃ、どうするのか?

ここでは簡単に考え方だけを書いていいきますよ。

  1. 固まった筋肉を緩めていく  
  2. 固まった関節を緩めて動くようにしていく 
  3. 伸びている筋肉を縮めていく
  4. 縮まった筋肉を伸ばしていく
         ↓

正しい姿勢が取れるようになる
 言葉にすると当たり前の事を簡単に書いてるって感じがしますね~(笑)

でもこれがすべての基本の考え方になってきます。
伸ばされた場所は縮めて、縮まったところは伸ばす!

でも、
人それぞれ、姿勢が違い、筋肉の状態やバランスは違ってきます

その違いによって悪くなる場所や痛みの場所が微妙に変わったくるのです。

なので人それぞれ対処法ややり方、運動、ストレッチなどの方法が変わったくるんですね。
間違ったやり方をしているといくらやっても効果がないばかりか
逆に悪くしてしまう可能性だってある訳です

しっかりとした所で見てもらって自分にあった方法を行うことが一番大切ですね。

 

関連記事
この記事を読んでからだと下の疑問がよくわかりますよ

姿勢よくしようと思ってもしんどくて続かないのは何故?
●いくらマッサージに行っても一向によくなる気配がないのは何故?
●効率の良い「ストレッチ」や「筋トレ」の仕方