平背

平らな背中  背中に疲労がたまりやすい姿勢

姿勢 平背

姿勢の説明

背骨の弯曲が少なく、まっすぐな背骨になります。
本来背骨はなだらかなS字カーブを描いていて重力や歩いたり、走ったりした時の衝撃を
背骨自体でも和らげています。
脊骨がまっすぐだとこの衝撃を和らげることができなくなり、椎間板(軟骨)や筋肉・靭帯、骨に衝撃が直接かかることになります。
そのために、筋肉・関節だけでなく、椎間板の障害が起こりやすくなります

 

代表的な症状

背中全体の緊張
しつこい肩こりと腰痛
頭痛、顎関節症
背骨の弾力性の低下

将来可能性のある重篤な症状

椎間板障害
 椎間板ヘルニア、
 椎間関節円

対策方法

 背骨の動きを筋肉、靭帯からつけていき固まった背骨の動きを取り戻します。
 骨盤の位置を調整して腰の骨がなだらかなカーブを描けるようにしていきます。
 骨盤の位置が正常になるとより筋肉が緩みやすくなってきますので
 ここからもうひと段階。しっかりと動かすことにより背骨の緊張を取り除いていきます。