腰椎ヘルニア

腰椎ヘルニア

tuikanban

 

白い椎間板が軟骨でクッションの役目をしています 

椎間板の中心に「髄核」というゼリー状のものがあり、

その髄核が外に飛び出るものが「ヘルニア」と呼ばれるものです

 

 

hernia 症状

この髄核が出やすい箇所にちょうと神経が通っていて 運悪く神経を刺激すると痛みや足のしびれ、力が入らない、感覚麻痺などの神経症状が出始めます。神経に当たらなければ特に症状がでない方もいらっしゃいます

何故ヘルニアになるのか?

脊椎の圧迫が強くなればなるほどヘルニアになるリスクは高くなってきます
 なので、脊椎に余計な圧迫の力を加えないことが重要になります
 何気ない日常の生活の中でも繰り返しストレスを加え続けるとヘルニアリスクは高くなってしまいます。

  1. 姿勢の歪み(丸くなった背骨 長時間同じ姿勢)
  2. 重いものを持つ時の力のかけ方
  3. 日常の動きの中での腰への負担
     ・長時間座る
     ・運転
     ・高さの合っていないキッチンでの台所作業
  4. スポーツなどによる繰り返し負荷のかかる動き
  5. 慢性腰痛    などなど

TC Body Care Spaceのアプローチ

ヘルニアの場合 急激な施術は危険を伴います。
(強く押されたり、ボキボキとされる場合はすぐに逃げて来てください)
TCのゆっくりと深い施術は脊柱に問題がある症状に適しています。
しかしながら、
一度飛び出してしまったものを引っ込めることはカイロプラクティックでは無理ですので
まわりの筋肉や靭帯などを緩め、背骨の圧迫を和らげて少しでも奥に引っ込める方法を取ります。

その上で
腰に一番負担の少ない状態に戻していき、これ以上症状を進行させないようにしていきます。

一度ヘルニアになり過敏になってしまった体は少しの運動やストレッチなどによる刺激、天候などにより
すぐに悪い状態になってしまいがちです。
無理なストレッチや運動はすぐにやめてまずは負担の少ない姿勢作り、体の使い方を覚えてもらいたいと
考えています。
体に優しいストレッチや運動方法をご提案させて頂きます。

腰椎ヘルニア への1件のコメント

  1. ピンバック : 姿勢が悪いことで起こるリスク(ヘルニア、顎関節症) | 塚口駅徒歩3分のカイロプラクティック&アロマセラピー TC Body Care Space

現在コメントは受け付けておりません