姿勢をよくする ~骨盤の位置を決める~

良い姿勢をとっていきますよ~

基本的には順番にやっていって下さいね。

首が前に出ているからといって首だけを後ろに戻さないで下さい。
背中が丸まった状態で首を元に戻しても戻らないばかりか他の場所に負担が大きくなって痛くなってしまいます。

 

一番最初にしてもらいたいのは

骨盤の位置を決める!
 土台の部分になりますのでここは確実にやってもらいたいです。

姿勢

 

 

 

 

 

 

 

 

 

骨盤が前に倒れているのか?

骨盤が後ろに倒れているか?

どちらにしろ

下図のように 「まっすぐに立てていく」 ことが目標になります

 

katamuki

骨盤の立て方です。

骨盤が前傾したり後傾したりするとバランスを取るために体が前に傾いている場合が多いです。
下の図で確認してみましょう
体全体が前傾して斜めに倒れています。
まずはこれをまっすぐにしていきます。

    斜めまっすぐ

上の青い◯は大腿骨大転子 骨盤の真横を触っていくと硬い骨に当たります。
これが骨盤部分の一番外の骨になります。

このラインを横からみて一直線になるように
とりあえず戻してみましょう

横から見て

姿勢矯正 大転子ー外果1 姿勢矯正 大転子ー外果2
横から見て大転子を指さすと
くるぶしより前にあると思います。
指差した大転子とくるぶしが
一直線になるようにしましょう

これだけだと重心が少し後ろにかかる感じになると思います。
土踏まずの真ん中あたりに乗るようにしてみましょう。

とりあえずこれで軸がまっすぐになりました。

次は骨盤の前傾・後傾を直していきましょうね。