腰椎・骨盤部の位置を安定させるエクササイズ

どの姿勢でも共通です。

骨盤部の位置や角度によって背骨の歪みが決まってきます。

まずはこの土台となる部分を安定させて下さい

 

第1ステップ 骨盤の位置を決める

斜めまっすぐ

股間節大転子の位置とくるぶしの位置を一直線上になるように調整します!

姿勢矯正 大転子ー外果1 姿勢矯正 大転子ー外果2

良い姿勢 横骨格図

第2ステップ  骨盤の角度を決めよう!

骨盤は前に傾いたり後ろに傾いたりするといけません

基本まっすぐに立つようにしましょう

katamuki

ate

お腹と足の付根付近に手のひらを当てます

骨盤が後ろに傾いていると
  指がくの字にまがってきます

骨盤が前に傾いていると
  手のひらや指の部分に隙間ができます

手のひらと指の先がまっすぐつま先に向くようにして下さい

 

 

 

 

 

チェック方法 
しっかりできているかcheck

check01

下を向いた時に足先が少ししかみえていない
足先が見えないのは
NG!

check02

下を向いた時に足先がしっかりと見えている

OK!

この時にしっかりと骨盤の上に立てていれば、余計な力はいりません

まずはこの形をしっかりと体に覚え込ませることが大切なポイント
形を覚えこませた上で持続して維持できるように少しだけエクササイズを行いましょう

下腹部・上腹部のトレーニング

 

注意点

絶対に上半身は反らないこと!
良い姿勢を取ろうとして胸を反ると腰・股関節が前に突き出してきます

上半身はできるだけリラックスしておきましょう

次は各自の姿勢と筋肉や関節の状態に合わせたエクササイズを行っていきます