悪い姿勢を作る様々な理由

悪い姿勢は日常の中で作られます!

テレビを見る姿勢

Print

だいたい自分が座る位置って決まっていますよね。
もし、この状態でテレビを見たら、同じ方向に体が捻れたり
曲がったりしてしまいます。
こういった少しづつ毎日の積み重ねが悪い姿勢を固定化して
いってしまうのです。

 

パソコンを行う姿勢

pc作業

お仕事でも趣味でもパソコンを触る時間は相当長いと思います。
特にお仕事でしんどくても、なかなか抜けられない。
休憩できない場合は、悪い姿勢が固定化してしまいます。

ずっと良い姿勢でいるべき。ではないですが、
たまに良い姿勢をたまに入れてテンション&リラックスで
やれば、全然変わってきますよ。

 

 

 

くつろぐ時間

ソファー

1日の仕事が終わってリラックスタイム。
体全体から力を抜いてリラックスしてしまいましょう。
大切な時間ですから、良い姿勢なんて気にする必要はありません。
が、変な力が入ってしまう形はNG。
しっかりとサポートして頂いて、どこにも力が入っていない形を取らないと、リラックスしているつもりでも、しんどくなってしまいますよ。
自分のリラックススタイルを一度見なおして下さいね。

 

スマホを見る姿勢

540703

パソコンを見る時間よりスマホを見る時間の方が多いという方も
増えてきたのではないでしょうか?

時間なんてあっという間に過ぎていってしまいますね。
だからこそ、スマホを見る姿勢が重要になっています。

下を見てしまうので、難しいかもしれませんが、
ものすごく上手にスマホを見ている方も見受けられます。ぜひそう人を参考にして肩がこらないスマホライフを過ごして下さいね。

 

 

立ち方のくせや座り方の癖。
日常の掃除や荷物の持ち方。
どれも片方だけに集中する。長時間同じ姿勢をとり続けるということが
悪い姿勢をつくり、それを固定化していきます。

バランスよく体を使い、同じ姿勢を取り続けないように、工夫することで
変わってきます。
自分では、悪いと思っていない事も多いので、また機会を見つけて書いていきますね。