TC Body Care Spaceができるまで

TC Body Care Spaceができるまで

 

お店を始めるにあたって、私達はまずどんなお店を作りたいかと考えたときに、皆様に気軽に立ち寄っていただけるようなお店にしたいと思いました。
「少し疲れたな」と思った時に気軽に立ち寄れるお店。それを可能にできるような料金設定にしたかったのです。
だからといってサービスの質は一切落としたくありませんでした。
アロマセラピーを受けるときは個室で受けていただきたいし、カイロプラクティックだって広々とした空間で受けていただきたい。
施術が終わった後はゆっくりとソファでくつろいでお茶を飲んでリラックスしていただきたい。
どうすればそれができるかを考え、初期費用をなるべくおさえることによってそれが可能になること、そしてオープンまで約一ヶ月という月日があるということを利用して、自分達でできることは自分達で行ってお店を作ろうということを決めたのでした。
そしてどうやってお店が出来上がっていったか。 そんなお話をここで少しご紹介したいと思います。
またその二年後に色々考えた結果、改装を行うことにしました。そちらもご紹介していますのでよろしかったらあわせてご覧ください。

 

2004/1/4
すべては何もないこの部屋からはじまりました。
何もない部屋何もない部屋
今はこんなのです♪
上の写真と同じアングルでとったものとは思えないですよね。
今の部屋今の部屋
2004/1/5~8
まず設計。どこにどんな部屋を作ろうかを考えて決定します。それに合わせて部屋を採寸して柱を立てて、そして壁を打ち付けていくのです。
まったくの大工仕事です。大工のお友達のI君がいなければこのお店はできあがっていないでしょう。
柱作成
土台となる柱を打ち付けていきます。
そのあと石膏ボードを電動ドリルで柱に打ち付けていくのですが、これがなかなか難しい。
ビスが斜めだったり打ちすぎたりすると石膏ボードにひびが入ってしまうのです。柱作成
柱作成柱作成
柱作成
ここで少しうちが出来上がるにあたってたくさん力を貸してくださった方々のご紹介を。
この方々のご協力がなければTC Body Care Spaceは出来上がっていない。といっても過言ではありません。ほんとうに感謝感謝です。ありがとうございました。

 

かべ打ち付けに多大なご尽力を頂きました友達のNりん♪ほぼ丸一日電動ドリルで

壁を柱に打ちつけ続けてくれました。
しかもうちの店のカーテンはすべて手作りなのですが彼女の指導のもと(ほぼ彼女が)作りました

。私も一生懸命つくりましたが結構足手まといだったかも?
カーテン作るのって結構難しいですよぉ~。特にまっすぐ縫うのが・・・友達のNさん

そしてここでものすごい助っ人登場!
山本先生の叔父さんです。
「よしひろのおっちゃん」と私達は呼んでいますがなんと家具職人なんです。
うちの話を聞いて駆けつけてきてくれました。やっぱりプロ!手際が違います。叔父さん
彼は電気関係や照明の設置をおこなってくれたひろP。
もと現場監督。今は学校で電気関係を教えています。
みんなにこの話をすると「なんでそんなに回りにいろんな職業の人がいるん?」といわれます(^^)が彼はスキー仲間です。ひろP
一生懸命壁を打ち付けた後処理のパテ埋めをしてくれているのは山本先生のお父さんです。
壁にペンキを塗るために壁にできたでこぼこはすべてパテで埋めないといけないのです。
しかーし!このパテ選びがのちのち店舗作りに致命的な打撃を与えることになろうとはこのときは誰も思っていなかったのです。お父さん
壁を柱に打ち付けると釘を打ったところが少しへこみます。右の矢印の部分ですが(クリックしていただくと大きな画像が見れます♪)
そのままペンキを塗ると壁がでこぼこになるので「パテ」で埋めます。しかしパテを埋めると今度はパテが少しだけ盛り上がるのでやすりでこすり落とします。が、ここで思わぬ出来事がぁ!
いったいこの後どうなってしまうのかぁ!(どこかのテレビ番組みたいになってしまいました・・・すみません。)パテは乾いてからこすると簡単にこすれるのですが、私達が最初に選んだパテがぜんぜん乾かず・・・2日、3日待っても乾かず・・・
結局そのパテでは無理だとういことが判明し、一度埋めたパテをすべて取り除き、再度、別のパテを埋めるという2度手間になってしまいました。パテこすり
壁パテ埋め前
壁パテ埋め後壁パテ埋め後
結局約2週間ほどパテ埋め作業にはかかってしまいました。
その間に店に置くソファや備品を買いにでかけたり、家具職人の叔父さんが作ってくれた「がらり」をはめ込んだり、とできるだけの他の作業もあわせてしました。がらり
がらり
2004/1/20
一時は永遠に終わることのないパテ埋め作業のように思えましたが、どうにかその作業も終わり、壁が塗りあがりました!
きれいにまっしろに塗りあがった壁を見たときはそれまでの苦労も忘れる程うれしかったです。
壁塗り後の部屋壁塗り後の部屋
これで壁も塗り終わったし、あー一段落!とはまだいきません。
やすりでこすった石膏ボードの粉がそこらじゅうに飛んで床から窓から真っ白で掃除が大変でした。
壁塗り後の部屋壁塗り後の部屋
ではちょっとこのあたりで山本先生のご希望により、奮闘記をご紹介!
電動まるのこを大工のお友達のI君に教えてもらいながらこわごわ使う山本先生。
あんど、脚立を肩にさげて大工さんっぷりを発揮している山本先生。でした。
山本先生奮闘記山本先生奮闘記
後はソファを運び込んだり、ベッドを搬入してもらったり、照明を壁塗り後の部屋つけてもらったり。壁塗り後の部屋
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
家具職人の叔父さんが作ってくれたもののとりつけもしないといけません。
まず更衣室に壁をつくってもらいました。ここは更衣室なんですが外壁がガラスなのでどうしようかと考えて板で壁をつくって取り付けてもらいました。更衣室の壁
更衣室の壁
壁を設置した外側から見た感じはこんな感じです。
まさにジャストサイズ!中はまったくみえません。あっぱれ叔父さん!更衣室の壁
更衣室の壁
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
アロマの部屋の出窓にもジャストサイズの棚を作ってもらいました。左は設置前で右が設置後です。
開き窓にはカッティングシートを山本先生がせっせと貼りました♪機会があればぜひ観察してください。アロマ部屋棚アロマ部屋棚
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
店の横の道沿いの看板は看板やネオリスキーさん(プロ)に設置してもらいました。寒い日にはしごで2階まで上がってつけて頂きました。隣のタペストリーもこちらで作って頂きました。ちなみにリスキーさんは知り合いではなく電話帳で調べました。看板看板
主要な作業はほとんど終わりましたが、まだまだ色々細かい事がたくさん。
オープンまでに一日でも休みたい!なんて言っている暇はありません。
カーテンをとりつけました。カーテンレールになる棒の直径にあうリングがなかなか無く探すのが大変でした。
内装やらなにやらをやっている間にカーテンのほとんどを仕上げてくれていたNりん。ほんとうに感謝感激でした。
横の画像をクリックしてもらうと大きな画像で 見て頂けるのですが、とても手作りとは思えない既製品のような出来上がりです♪カーテン
自分達で作ったものといえばホームセンターで板をかってきて棚をつくりました!これはたくさんつくりました!
・アロマの部屋のタオルを置く棚
・更衣室の着替えを置く棚
・待合室の横の飾り棚
・受付後ろのファイリングを置く棚
・靴置き場の棚 です がんばりました。靴置き
といっても板と棒をネジでドリルを使ってとめるだけですが・・・待合室の棚
しかも、これは棚を置く場所のサイズを図って板を切ってもらったもので作るのですが、作ってみたら棚の段が足りないとか買い足しにいったら幅が違ったとか・・・
で、また買いに行ったり、切ってももらいにいったり、と二度手間が多かったです。反省・・・・(^_^;)
後はひたすら買出しと小物の設置に追われました。どうにかオープンには間に合いそうでしたが、でも実はソファや机は結構ギリギリの納品だったのです。三人掛のソファーは伊丹空港まで引き取りに行ってもらえるのだったら。ということだったのです。なかなか危なかったです。机とソファ
そういうわけでしたがどうにか2月15日に無事オープンすることもでき、たくさんのお花や植物も頂きだんだん店らしくなっていきました。受付台
たくさんの方々に助けて頂いてどうにかオープンすることができました。ご協力いただいた皆様ほんとうにありがとうございました。またオープンしてからTCにお越しくださるお客様にも本当に感謝の気持ちでいっぱいです。今後ともできる限り努力していきますのでどうぞよろしくお願い致します。
TCができるまで。終わり。
その後、約2年間の月日を経て、お店を改装することになりました。その様子もお伝えしていますのでよろしかったらご覧ください。
 

『TCが出来たその後(改装編)top』
table image
2005年12月末 TC Body Care Spaceがオープンして約2年。
快適な空間づくりを目指してやっていましたが、気になる点が多少あり、年末年始を利用してお店の改装をすることを決心しました。
今回の改装でしたかったことは個室部屋を一つから二つに増やしたかったことと、
その個室部屋とカイロルームとの壁を防音にしたかったことです。
最初からそういう風に作っておけばよかったのですが、実際にはじめてみてから、ああいう風にしておけばよかった。もうちょっとこうしたかった。というような意見が出てくるものなのですね。
イメージ的には改装前と改装後で下の図のような感じです。
今回は前回の立ち上げの時ほど大変ではない雰囲気でした。お友達の大工さんも1週間もあればできあがるようなニュアンスでした。
それがあんなに大変なことになろうとは・・・・!
table image
改装前
改装前イメージ改装後
改装後イメージ
以前からよく来ていただいていたお客様は、最初のうちは受付の方向が違うのに戸惑われて、すぐに反対の方を向いてしまわれていらっしゃいました(^-^)
ではではどんな風に改装が行われていったかぜひぜひご覧ください。
*2005/12/27*
2005年度の営業最終日です。お店が終了したのが9時半ごろだったのですが、改装の作業はその時点から始まったのでした。
というのも、今回の作業をしてくれる、山本先生のお友達の大工のI君(このお店をつくるときにも大活躍してくれました)が、明日朝一から来て作業を始めてくれるので、それまでにお店にある荷物たちを全て片付けて、ほこりがかからないように養生してカイロの部屋半分のところにまとめておいておかないといけないのです。
さあ作業のはじまりはじまり。
さて今夜は私たちは何時に家にたどり着けるのでしょうか?
途方もない作業がはじまったように思えました。
《小さな画像をクリックしていただくと大きな画面でごらんいただけます。》
ほんとうに何から初めてよいのか、どこから手をつけてよいのか、最初途方にくれました。でも、手を休めていても作業は終わらないので、とりあえずできるところから、たとえば受付の机の上のものを片付けたり、受付の後ろの棚のものをダンボールにつめたり、待合のテーブルの上の小物を片付けていったりしました。(すみっこのほうに片づけをしている山本先生発見!)改装
そしてなにもなくなった受付の後ろ側。ひとつひとつ片付けていけば、どうにかこうにか片付いていくものです♪改装
カイロプラクティックの部屋の横のスクロールカーテン後ろもTシャツなどをしまいこむのに使用改装
壁をたてるのに石膏ボードというものを使うのですが、これがくせものなんです(><。)
というのも、ものすごい粉がとぶんです!そこにあるすべてのものが真っ白です!なので、この粉から小物達を守るべく、箱に入れれるものは箱に入れるのですが、箱に入れれないソファなどは、大きなラップでぐるぐる巻きにしちゃいます。これなかなか便利でした(*^^*)
ソファなんかは納品時のような感じになりました。これはしんどい作業でしたが、なかなか楽しかったです。改装改装
粉が入っては困る電化製品は袋をかぶせて、テープでしっかりとめます。 改装
植物達は一時的に物置だった部屋に非難。
なんだか密度が濃くてちょっと空気が薄そうだけど、しばらくの間我慢してねー。
改装
途中でほんとうに今日中に終わるの~(;;)と泣きたくなりましたが、それでもどうにか、ほぼカイロの部屋の半分に荷物をまとめることができました。
注意:決してごみの山ではないですよ(^-^ )
れっきとした荷物たちです♪改装改装
そしてどうにかこうにか荷物をまとめ終わり、ほっと一息ついた時には夜中の12時前でした。
お店の電気を消して、各部屋に今年も一年本当にありがとうございました。と一礼。
あーほんとにまた一年お店を続けることができたなぁ。と感動がこみ上げましたが、でもそんな感慨にふけっている暇はないです!明日からは体力勝負!がんばりますo(^-^)o
*2005/12/28*
さてさて今日からが改装の本番です。昨日までは予行演習みたいなもので、今日からが実質の作業の始まりです。
まず床に粉が落ちたり、ペンキがカーペットにつかないように「養生」をします。養生シートを敷き詰め、端っこをテープでとめます。これをきちんとしとかないと後の掃除が大変になるのです。
でもきっちり養生していたつもりでも、その上を歩いたり、脚立にのって作業したりしていると、だんだん養生シートがずれてきて、その間に石膏ボードの粉が入り込んで、結局最後の仕上げのお掃除はものすごく大変なことになってしまうのでした(;;)改装改装
これこれ!これは必見です。
これはもともとある壁を壊す作業です。ほんとにハンマーみたいなのでどんどん壊していくんです。
ストレスのたまってる人にはぴったりの作業かも!?
すごい穴があいているでしょ。
どんどん壊していきます・はがしていきます。壁をはがすと中の骨組みがでてきます。
この日の午前中はこの作業で、超力仕事なので、役立たずな私は家に帰って家の片づけをしました。改装改装
後々使える壁2,3枚を残して後はぜーんぶはがされちゃいました。私はこの時点でお昼のお弁当を持参してお店に登場。第一声は「うぉわぁーーーーすごい!」意味不明な感嘆でした改装(^^;)。改装
お昼から大工さんと先生は壁を取り壊して残った木の骨組みでいらない箇所を取り外す作業と、そして今度は新しく貼り付ける石膏ボードを購入しにホームセンターへ行きました。
私はというと。部屋を増設するにあたって消防署の許可をとって、火災報知器をつけないといけなくなったのですがこれが曲者で!ビルのメンテナンス会社に見積もりをとるとな・な・なんとその取り付け費用が、二十万ちょいとの返事が(@@)目が点状態です。半泣き状態です。
すると、そこにたまたま居合わせた電気工事のできる知人が、自分達でできることをすべてすればもっと安くなるからと、メンテナンス会社と交渉してくれたのですが、するとその費用は約10分の1に。思わずなんですと?といいたくなるような見積もりですよねー。
で、その知人に助けてもらって、消防署に提出する資料やらなにやらを手作りでつくりました。今日一日はこの作業で手一杯でした。消防署に提出する書類をパソコンで作って終わったのは夜中。いつになったら早く帰ってうちでゆっくりできるのー?状態でした。まあでも一番の災難はたまたまそこに居合わせただけで、メンテナンス会社との交渉やら、書類作りやら、あげくは石膏ボードの運び入れまで手伝わされる羽目になって帰ったのは9時過ぎになった知人ですが・・・彼には改装後にビールを1ケースお届けさせていただきました(^^;)そんなんでいいのか?
さあ明日は早く帰れるかな?
*2005/12/29*
作業初日から色々な事が起こりますがそれでも時間はどんどん経過します。立ち止まっている暇はありません。行動あるのみ。
まず私は、朝一から、昨日夜中までかかって作った書類を完璧に仕上げたものを2部作ってファイリングして消防署に提出しにいく準備です。昨日の知人も手伝ってくれてどうにか午前中に消防署に提出することができました。
お店の作業は今日は石膏ボード貼り付け作業です。
石膏ボードを運びいれ、いらない骨組みを全部はずして、きれいに掃除し終わった後の風景です。 改装
そして新しい部屋にあわせた骨組みを立ててくのですが、これだけでもう大体できあがりの部屋割りのイメージができるくらいです。改装
後はばんばん石膏ボードを貼り付け(打ちつけるというのかな?)ていきます。この作業の間私は消防署に出かけていてお店にはいませんでしたが、これはなかなかの職人さん作業のようです。山本先生も貼り付けていったようですよ(^-^ )改装
アロマ部屋となる内側から写真をとってみました。こんな感じです。 改装
お昼過ぎに私が消防署から戻ってきたときも延々力仕事担当の二人(山本先生と大工のI君)の貼り付け作業は続いていました。しかーし、消防署から帰ってきた私はどうやらかなりへろへろだったみたいで、この後も力仕事が続くからかえっていいよ。という優しいお言葉を頂き、一人で自転車でうちに帰ったのでした。

この日は壁の半面を貼り付けで終了です。残りの半面の壁を打ち付ける前に防音効果のある断熱材を壁と壁の間に埋め込まないといけないのですが、その作業は明日です。

予定では31日に私たちがペンキ塗りをすることになっているのですが、壁を貼り付けた後にはまだ、隙間を埋めるパテ埋め作業やらそのパテを削る作業やらが残っているのですが、今日は29日。明日一日でそれら全てできるの!?

*2005/12/30*
年末で街も少しせわしい感じがしておりましたが、それよりさらにせわしいのはうちのお店です。 あれもこれもまだまだしないといけないこと山盛りでございます。
私はというと、昨日お昼で帰らせてもらって家でがっつり充電しただけあって、昨日のへろへろさはどこへいったやら、この日の朝はもうばっちり元気でしたo(^-^)o
はい。大分壁も貼り付けられました。上の方まで貼り付けられた感じはこんな感じです。 改装
これは私ですが、どの瞬間を撮られたのかわからないのですが、いったい何をしているのでしょうかねぇ?多分はみ出したパテをカッターで切り取っているかなにかしているのでしょう。
それにしても、すごいぼろっちさ。お恥ずかしい(*^^*)
まさしくなりふりかまわず。とはこのことを言うんだなあ。という感じです。改装
これが断熱材です。袋の中に綿みたいなのが入っているのですが、これを木の骨組みのところに「タッカー」というホッチキスの大きいバージョンみたいなものでバンバン打ち付けて行きます。これを壁と壁の間に挟むことによってかなりの防音効果になるんだそうです。改装
実はこれが私が一番改装をしたかったことの一つなのです。これでカイロのお客様にもアロマのお客様にもお隣を気にせずゆったりしていただけると思うと嬉しくて嬉しくて。ところがこの断熱材がなかなかの曲者!長さがあまったところはこの袋をカッターで切るのですが、中にものすごく細かい粒子が入っているらしく、これが袖口や襟元から中に入ると、チクチクっとかゆくなるのです。断熱材を入れる作業をするものは必ずこのチクチクになるそうです。私もしっかりその洗礼をうけました。。。なんだかものすごくむずがゆかったです。。。改装
さあ断熱材を入れ終わったころにはもうすっかり外も暗くなっています。後は断熱材を入れた壁のもう片面に石膏ボードを打ちつけ、そしてその隙間にパテを埋めていきます。その作業はまた明日~(^。^)/~~ということで明日はペンキ塗りは無理?まあ最悪お昼から塗ったとして・・・。結構塗る面多いですが・・・。も・も・もしかしてお店で年越し?
*2005/12/31*
いよいよ今日は大晦日。世間は紅白だ。K-1だ。プライドだ。とにぎやかですが、うちには全く関係ありません。というか、今日中に帰れるのか?!状態です。せめて年越しそばくらいうちで食べたい。。。
断熱材を打ち込んだところにも壁がつきましたぁ!わーい完せーい!ではありません。ちょっとした妄想を頂いてしまいました。これで終了だったらどんなにいいだろうなー(*´д`*) なーんて。改装
私たちの作業は今からですよ。そもそも私たちはペンキ塗り部隊なのですから。
これはアロマの部屋の空調をカイロの部屋に通すための通り道です。お店を作るときに山本先生のおじさんが作ってくれた「がらり」という木の枠をはめこんでいます。この「がらり」ですが、かなり良い木で作られているらしく、山本先生はこの再利用を強く主張しました。そして、すべての「がらり」を改装後にも使用することができました♪改装
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
これはお恥ずかしいですが、お店の出入り口のところです。冷蔵庫やら棚やら、色々な物が外に出ていますね。だんだん切羽詰ってきて、写真をとるのも忘れていたので、こんなショットも撮ってみました。ぐちゃぐちゃです。。。(^^;)改装
この日の作業が終わったのは、ほぼ年を越す1~2時間前でしょうか。 で、この日はペンキがどれくらい塗れたかというと、塗れたのは3,4面ほどで後はほぼそのままの状態で残っております。
さあさあさあ元旦出動決定です!わーい!と、喜んでいる場合ではありません。
本来は元旦は私の実家、二日は山本先生の方の実家にご挨拶の予定でしたが、明日は実家に帰れるかどうか、夕方くらいに行ければいいかなぁ。という状態になってしまいました。
しかも、やはり、お友達大工さんには元旦くらいは休んでいただかないと、私もご家族の人に申し訳がたたないので、明日は私たち二人でペンキ塗り作業です。

*2006/1/1*
新年明けましておめでとうございます。昨年中は大変お世話になりました。本年もどうぞどうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m
などと挨拶している場合ではありません。私たちは元旦だというのに、二人して小汚い格好をしてそしてなぜかお店に出動しているのです。
今日は私たち二人でペンキ塗りです。でも全ての壁を今日塗ることができるかというと、そういうわけではなく、まだ塗る前の処理が終わっていないところもあるので、できる限りの範囲でのペンキ塗りとなります。
塗る前の壁です。壁と壁の間や、壁を打ち付けた釘のへこんだところはでこぼこになるので「パテ」というものを埋めます。そしてそのパテを埋めた場所が若干他の場所より盛り上がるので、完全に乾いてからこれをペーパーでこすって平らにするのです。その作業が完了してからでないとペンキは塗ることができないのです。手前の壁はパテ埋めは終了しているのですが、現在乾かし中なのでまだ塗ることはできない壁です。改装
ひろい面はローラーで塗っていくのですが、端の細かいところは刷毛を使って塗ります。塗り絵の要領で、周りをぐるっと塗ってから、中の面を塗っていく感じです。ローラーも一度塗りではむらが多いので必ず乾いてからもう一度塗ります。3度塗りすると完璧にむらがなくなってきれいな仕上がりになります。今塗っているのはアロマ部屋の中身の1面です。
それにしてもまたまた汚い格好をお見せしてすみません。改装
これはあまりにも外が閑散としているので写真を撮ったらしいです。お正月ですねぇ。昨日までのざわつきはどこへやら。静かなものです。車もほとんど通っておりません。改装
さあ、どうにかこうにか、この日塗ることができる壁はすべて塗り終えました。 後片付けもして終わったのが夕方5時前です。これでうちの実家にはどうにか顔を出すことができます。 着替えて電車に乗って大阪にいってきまーす。 あれれ?それにしても当初のスケジュールって31日で塗りが終わって、その後5日まで乾かして、6,7日で細かい片づけをして8日リニューアルオープンじゃなかったっけ?
まあ私たちがこんなに急いで元旦まで出動しているのには訳があるのですが。。。。というのも1月3・4・5日の3日間だけはお休みを頂いて、おでかけさせてもらうことになっていたのです。ですのでどうしても明日中にはペンキ塗りを終了させたいのでした。
こんなところまで日程が食い込むなんて予定外だったのです。
*2006/1/2*
さあ1月2日のはじまりはじまりです。今日は夕方から山本先生の実家で親族の集まりなので、夕方までに塗り終えますよー!がんばります!
アロマ部屋を中から見た様子です。パテ埋めは終了していますねぇ。でもきっとこれはまだ乾いていないのでこすっていない箇所だと思います。改装
乾いたパテをこすっています。
おっ。脚立に隠れた隅っこのほうでローラーを使って一生懸命ペンキを塗っているわたし発見(^^;)
改装
拡大して。。。しなくてもいいような絵ですが。
パテ埋めが終了した面を塗っています。
改装後に来てくださったお客様とお話していて、壁を自分達で塗ったことをお伝えすると皆様びっくりされるのですが、私も最初は自分達でペンキなんて無理!?と思っていたのですが、想像よりはるかに簡単でした。(三度塗りは原則ですが。)
そう考えるとなんでも自分達でできるものなんだなあ。とつくづく思うのでした。改装
皆真剣です。切羽詰っております。時間だけが過ぎていきます。
夕方6時。タイムリミットです。 私たち二人はできる限りのことして先においとまさせていただきました。 明日から3日間はお友達大工さんが一人で作業をしてくれるのです。 ほんとうにすみません。そしてよろしくお願い致します。さてさてこの続きは三日間開けて1月6日にお店にでてきたところから始まります。リニューアルオープン間際です。果たして間に合うのか?
*2006/1/6*
1月3・4・5日をお休みさせていただいて6日の朝お店に出かけて参りました。
どれくらいできてるかなー。もう完成しちゃってたりなんかしたりして(>▽<)などと甘い妄想を抱いてお店にでてきたのですが、いやいや、まーだまだ私達のやるべきことはたくさんあるのでした。でもなんだか少しずつお店っぽくなってきています!泣いても笑っても後二日。8日にはリニューアルを楽しみにしてご予約を入れてくださっているお客様がいらっしゃるのです。完成させないわけには行きません。がんばりますよー!
みてくださーい。二日の日にはまだペンキも塗り終えていなかった入ってすぐの通路の壁が塗りあがっています(;;)感動です。改装
これは手前のアロマ部屋の壁のところなのですが、ちょうど空調がきてしまうので、フィルターの取り外しをできるように、壁の一部を空けてくれたのです。で、後ほどここに取り外しができる壁がつくのです。職人技に感服。改装
これは待合室のソファーの正面にくる壁です。他の真っ白の壁とは少し趣向を変えて漆喰壁にしてみました。と、いいながらも、実はこれは少しもとの壁のできがでこぼこだったので、それを隠すためのものなのです^。^
でもこれができあがってみるとなかなかお客様に好評でした♪こういうのを「怪我の功名」というのでしょうか?いうのか?結果オーライ。というところでしょうかね(^-^)改装
なんだか喜んで塗っているものが約1名。上の写真は土台塗りなのですが、土台は薄くのばして塗らなければならなくて、なんら楽しい作業ではないのですが、その上に模様をつけていきながら塗る作業は割りと楽しくて、実はその楽しい部分の作業を私が取り上げてしまったみたいです(^^;)顔にペンキがついているのも気づかずにうれしそーに塗ってますね♪改装
なんだかお店らしくなってきましたー!すとんと奥まで通路ができて、なんだか広くなった気がします。改装
そしてその通路に間接照明がつきましたー!ますますお店らしくなってきました。 改装
かなりお店として出来上がってきてはいるものの、まだまだ細かい作業が残っています。 カーテンの棒をとりつけたり、ばらした棚をまた作り上げたり、アロマ部屋とカイロの更衣室のドアを取り付けたりetc。後、掃除!これがなかなか時間と手間がかかるのです。残り時間は明日1日です!

さあどうなるどうなる?つづきは明日。。。。

*2006/1/6*
いよいよ最終日です。
今度こそ本当の本当に泣いても笑っても作業は本日で終了。明日からは営業です。
今日はなんとしても全ての作業を終わらせてしまわなければなりません。
ほんとにできあがるのー(;;)って思ってしまうほど、まだまだ未完成なのでした。
果たしてできあがるのか!?
ここは改装前は受付後ろのスタッフルームがあった場所なのですが、冷蔵庫や手洗い場などがあったので、下のカーペットが思った以上に汚れていたのです。ですので、新しいカーペットを購入して汚れがひどいところははがして貼りなおしました。改装
またまた御見苦しい写真が・・・
これは大方片付いた場所で、パソコンをつなげてメールチェックです。お休みの間にご予約メールが入っていたらお返事しなくてはいけないので、一刻も早くつなげたかったのですが、粉が舞い散っている所ではパソコンの梱包をはずせなくて。
でも、ご予約いただいていたお客様と無事やりとりすることができたのでよかったです♪改装
この後姿は実は山本先生のお兄さんです(*^o^*)
今回はお兄さんがベスト功労者と言わせて頂いても過言ではないくらい手伝ってもらっちゃいました。最初は何かすることある?って聞かれたので、ではパソコンつなげてください。ぐらいだったのに、だんだん、棚一緒に組み立ててもらっていいですか。とか、いすの移動やら、ブラインドの取り付けやら、掃除機がけやら、結局ほぼ最終まで。しかも本当に段取りよくてきぱきとこなしてくださるのです。お兄さんがいなければ、絶対に今日中には終わらなかったです!本当に感謝かんしゃです。改装
お兄さんの力も借りてどうにかこうにか、その日中に片づけを終えることができました。 体はくたくたでしたが、なんだかなんともいえない達成感を感じました。後は家に帰ってお風呂に入ってしっかり寝て明日朝一からまた気持ちも新たにがんばるのみです。
思えばいろんなことがありましたが、終わってしまえば全て遠い日のことのような気がします。なんでもやろうと思えばできるものですね。新しくなったTCとともに私達もこれからもがんばっていこうと思いますので今後ともどうぞよろしくお願い致します。
皆様ぜひ改装後のお店見にいらしてください。つたない改装日記でしたが最後までお付き合いいただきありがとうございました♪