腰の後弯を治そうとすると・・・

前回腰の後弯。後ろに曲がるのが腰痛につながるという話をしました。

それならばと・・・

腰を反ればいいのでは?と思うかもしれませんが、
この図では逆に反り腰になってしまっています。

反り腰になると、後弯タイプとは違う腰痛が出て、
下腹ぽっこり、猫背も強くなり、肩こりもでてきます。

なぜ反り腰になるのかというと、腹筋が足りないから。

よく腰痛を改善させるのに腹筋が弱いから強くしましょうと言われることがありますが、
腹筋を強くしても、その腹筋を効果的に活用していかないと意味がありません。

体をしっかりまっすぐに支えるために腹筋が必要なんです。

腰が後弯の方も前弯が強すぎて反り腰になっている方も、腹筋を効果的に使っていません。
一生懸命腹筋しても腰痛が治らない方はこの考えが足りていないのです。