疲労の蓄積 補足

前回書いた、静的な疲労の蓄積というのは
じっくりじっくりとたまっていくものです。

最初はそれほどダメージを感じることはありません。
次は疲れを感じても、その場(仕事など)を離れたり、違う作業をすると感じなくなります。
そのうち感じるダメージが強くなってきます。
そして慢性痛というものにつながっていくのです。

そして最後にはいつでもしんどさを感じるようになっていきます。

よく、急にしんどくなったと聞きますが、
急にしんどくなったのではなく、ゆっくりと蓄積された疲労を感じるようになった。と言えます。

疲労が溜まっていったのか、周りの筋肉が落ちていったのか?
その両方のバランスが崩れたときにコリや痛みとして感じるようになります。

つらくなかったら気にもとめることもないですよね。
わかります。
僕もそうですが、たまに自分の状態がどういったものなのかを確認するのもいいかもしれませんね。