体が痛くなる原因とは?

肩がこる。
腰が痛い。首がこっている。背中が痛い。手や腕、そしてお腹とかお尻、足、膝
毎日色々なところが痛いといってたくさんの方が来られます。

さて
原因はなんでしょうか?

多くの方ががおっしゃるのは
・姿勢が悪いから
猫背とか体が歪んでいるから
・運動不足、体を動かすことがないから
・筋肉がないから

という理由が多いですね。

では・・・

なぜ姿勢が悪いと肩がこったり、腰が痛くなったり、体のあちこちが痛くなるのでしょうか?
なぜ運動不足で体が痛くなるんでしょうか?
筋肉をたくさんつければ、痛いところはなくなるのでしょうか?

めちゃくちゃ大雑把にいうと

こりや体の「こり」や「痛み」は・・・

です

上の理由を当てはまると

姿勢が悪いと 良い姿勢よりも疲労がたまりやすくなります。
疲労がたまると筋肉は緊張して固くなり力が抜けられなくなります。

この2点(疲労がたまりにくい体の使い方+脱力の方法)を覚えて実践していくことで体のしんどさも絶対に軽くなっていきます。

感覚的にですが、
来られる方の7割から8割はこの方法でよくなっていきます。

問題は「ちゃんとした方法」
まずはなんとなくでもいいので、なんで?ということがわかるようになってほしい。
そしてそれに対しての対処法を覚えてほしいということです。

それらをわかったもらうこと、そして自分の体を少しでも自分でコントロールしてもらえるように
これからいろいろと書いていこうと思っています。

・姿勢
・脱力
・症状

と分けていろいろとお伝えしていこうと思っています。
ゆっくりと少しづつお伝えしていきますね。

しっかりと伝わるかな?と思いますが、
いろいろな方向からいろいろな方法で伝えられたらなと思っています。

質問や不安なこと。悩みなどありましたらなんでもメールでも送ってくださいね。