バレンタイン

今日はバレンタインですね。

この前予備校教師の林先生が「いい女は手作りチョコを作らない」という持論を展開してました。
手作りチョコと言っても既製のチョコを溶かして型に流し込んでいるので
味も質も落ちてしまうから。という理由でした。

まぁなるほどと思えるお話しではありますが、論理的すぎて気持ちがないかなぁという感じでした。
論理的に物事を考えすぎるとそこには感情的な考えが少なくなり
感情的に物事を考えすぎると冷静な考えができなくなると思っています。

お医者さんや我々カイロプラクティックも論理的に今の状態を考えていきますが、
論理的なものにとらわれすぎると、患者さんの気持ちや痛みが見えなくなります。

患者さんが痛いと言っているのに、検査結果に問題が見えないと大丈夫。問題ないと判断してしまう。
でも実際に「痛い」と訴えているのだからその人は「痛い」のです。
他に問題が隠れているのかもしれない。
気持ち的に不安があるからかもしれない。

そういった気持ち的から来る症状を見られるようなカイロプラクターになりたいと
思っています。