お尻の痛みと骨盤の関係

女性に特に多いのが股関節周辺の痛み。

お尻の部分や鼠径部、足の付根などがウズウズと痛んだり
歩いている時の痛みや座っている時の痛みと様々な痛みが襲いかかります。

病院へ言ってレントゲンを撮ると、殆どの人が股関節が浅いという診断を持って帰ってきます。

股関節は丸いくぼみの中に先が丸くなった足の骨がはまり込む形になっています。
股関節が浅くそのはまり込みが甘いと痛みが出やすくなる。ということです。

しっかり骨がはまっているといいのですが、はまりが甘いとまわりの筋肉がしっかりと固定するためにたくさん働く事になります。
たくさん働くと筋肉の疲れはたまりやすく痛みが出やすくなる。ということですね。

女性は股関節が浅い。

なので
股関節は大切に使わないと後々痛みが出やすい
姿勢が悪かったり
お姉さん座りを長時間続けたり
ヒールの高い靴もストレス大きいですよ。

立っていても座っていてもずっと股関節には荷重がかかるので一度痛くなると
なかなか治りにくい場所でもあるので まずは痛くしない事が大切。

そうそう。
膝と同様に自分の体重も大きく影響してくるので注意して下さいね。